アジアの女性の子どもネットワークのスタッフが、日常の作業やイベント告知などを行います。タイ駐在スタッフの書き込みもあります。
by awcnetwork
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

おなかいっぱいプロジェクト視察

おなかいっぱいプロジェクトの視察へ行きました。

今までは子どもたちがメニューを考えていたそうですが、新しく家政婦さんをスタッフとして向かえたそうです。
おかげで、栄養バランスが良くなり、台所もより清潔に使われるようになったそうです。

休みの日は、家政婦さんを中心に協力してご飯を作ります。
b0221426_150434.jpg


食事の前にはお祈りをします。
b0221426_1521721.jpg


現在、63人の子どもがいるそうです。
年末年始などの学期休みには、他県で学ぶ子どもたちが帰ってくるので、150人にもなるそうです。
[PR]
by awcnetwork | 2012-11-18 18:57 | プロジェクト

子どもの家の桑が急成長!

8月のスタディツアーで、記念植樹をおこなったアーサーパッタナーデック財団子どもの家の桑ですが、わずか3ヶ月で急成長。
さすがタイです。

b0221426_16162728.jpg


子どもたちの頭をゆうに超えてしまいました。

この日は、農大の長島教授からの伝言

・120センチ程度の作業がしやすいところでカットすること
・早速試験的に養蚕を始めること(その方法)
・蚕小屋を作ること

代表のエーク先生に伝えてきました。

子どもたちは畝ごとに担当を決め、草むしりをしたり世話をしています。
素晴らしい!

b0221426_16224684.jpg

[PR]
by awcnetwork | 2012-11-09 16:14 | タイ駐在員

トントンちゃん

秋晴れで気持ちがいいです。
AWC事務局は9Fなのですが、少しだけ窓を開けておくと気持ちのいい風が入ってきます。
つい2か月前は、息苦しいくらいに暑く、窓を開けても熱風が入ってきていましたが…
秋はいい季節ですね♪

さて、今日はAWCの商品をご紹介したいと思います。

b0221426_13464938.jpg


これは、先日の横浜国際フェスタの際に撮った写真です。
フェアトレードの商品と、そうでない(市販されているもの)と2種類あります。
フェアトレードの商品は、商品の値札にフェアトレードと書かれています。

全部フェアトレードの品だけを販売できればいいのですが、ご存じのようにフェアトレードのものは手間暇かけて作り、何かとコストがかかったりするので、徐々に増やしている段階です。
現地の人に聞いてみると、商品を作る技術(縫製や刺繍・機織り)はあるけれど、どうやって商品化したらいいかわからない・日本で何が売れるのかわからないという声を耳にします。

現地の人を助けたいから買う
寄付だと思って買う

AWCの商品を手にして下さる方もいろいろです。
ご協力頂いていることは本当にありがたいです。

でも長い目で見れば、「この商品が素敵だから買う」方がもっともっと増えて欲しいなと思います。
そうでなければ、なかなか自立にはつながりません。

そういう気持ちで、AWCも支援を続けているわけですが…

そこでトントンちゃん。800円。
b0221426_13555365.jpg


最近じわじわと人気を伸ばしています。

モン族のバティックを使用しています。
縫製はアカ族のお母さんグループが行いました。
おなかの色、耳の色、目のボタン、全部お母さんチョイスです。
ですから、同じものはありません。
個性的なのです。

企画段階では、若い女性に売れるのでは?と思いきや、ほとんどのトントンちゃんは男性のお客様にご購入頂いているのです!
嬉しい誤算!

物事がトントン拍子に進むトントンちゃん。
宜しくお願いします!
[PR]
by awcnetwork | 2012-11-01 14:06 | 商品