アジアの女性の子どもネットワークのスタッフが、日常の作業やイベント告知などを行います。タイ駐在スタッフの書き込みもあります。
by awcnetwork
プロフィールを見る
画像一覧

自立と希望

山地民の多くは、家庭内における男性の権限が強く、女性の自立が難しい状況にあります。

もちろん家庭円満で、幸せに暮らしているのであればいいのですが、中には家庭に問題があり(例えばDVやパートナーの浮気、麻薬など)夫とは別に暮らしたいと思う女性もいるでしょう。

しかし男性が絶対的なコミュニティにおいて、女性が子どもを連れて家をでることはなかなか難しいのです。

とびだしてみたけれど、結局は生活が立ち行かず再び問題のある夫の下へ戻ったり、仕事を探すことが難しいため性産業の道へ進む女性もいます。
現在30歳以上の山地民女性の中にはタイ語の読み書きが十分に出来ないという人も多くいます。

そして土地も十分になければ農業で生活をするのも難しいでしょう。

結局は日雇いで土木工事や大きな農園で肉体労働をすることになります。
賃金は安く、多くの場合は社会保障もありません。

もちろん中には、すごいパワーを発揮してパートナーをコントロールしているような女性もいますが・・・


b0221426_14544276.jpg



去年、THE BODY SHOP様からの女性により、タイ・チェンライで女性の自立支援事業(手工芸品の技術指導)を行いました。

この中にいた女性の1人が数ヶ月前、家庭の事情で実家に子どもをつれて帰ることになりました。

こういうケースは過去に何度も見ていますが、結局はうまく自立していくことが出来ず、焦って再婚したり、満足のいく仕事に就くことが出来なかったりと状況が更に悪化してしまうようなケースが多かったように思います。
ですから、この話を聞いた時は心配してしまいましたが、同じ村の女性たちによると

彼女は今、とっても幸せよ!!

だそうです。

というのも、このPさんは実家に帰ってから、小さな洋裁店を開店させ近隣の村の人の服を修理したり、洋服やカバンを仕立てて生計を立てているそうです。
今までそういった店がなかったのと、彼女の腕が大変良いので、繁盛して忙しくしているようです。

技術があるというのは、すごいなと思いました。
手に職ですね。

もともと前向きな人でしたが、見事にピンチをチャンスに変えることが出来たわけです。

この話をここで紹介しているのは、「女性たちよ!家をでよ!」というメッセージではもちろんなくて、女性でも男性でも何か生きがいを持って暮らすのは大切なことだなと思ったからです。

どうせ私なんて・・・ではなく、自分の価値を高めていける姿勢。
Pさんから学ぶことはたくさんありました。
[PR]
# by awcnetwork | 2012-10-11 15:08 | タイ駐在員

第四回 手づくりカフェ のお知らせ

今日は雨でずいぶん涼しいですね。
急な気温の変化で体調を崩される方も多いかと思います。

さて、今週末には先日お知らせしたグローバルフェスタ2012が日比谷公園で開催されます。
AWCはG4(グリーンエリア)ですので、是非お立ち寄り下さい。


今月は久しぶりに「手づくりカフェ」が予定されています。

b0221426_15512320.jpg

写真があまり良くないのですが、牛乳パックを使った名刺ケースを作ります。











牛乳パックをベースに、お好きな和紙を貼って作ります。
牛乳パックや和紙はこちらでご用意致します。
参加費は材料費込みで1000円です。
経費を差し引いた参加費は、子どもたちの教育費への寄付として扱わせていただきます。

ご興味のある方はお問合せ下さい!
[PR]
# by awcnetwork | 2012-10-03 16:08 | 事務局スタッフ

グローバルフェスタ2012@日比谷公園開催されます

毎年恒例のグローバルフェスタが今年も開催されます。

詳しくは、こちら

グローバルフェスタJAPAN2012
<テーマ>Think Global, Think Green:世界を変えよう。未来をつくろう。
<開催日>2012年10月6日(土)・7日(日)
<開催場所>日比谷公園(千代田区日比谷公園)
<入場料>無料


AWCはもちろん参加します!
山岳民族の手工芸品や、フェアトレード品などを販売します。
ミニワークショップも予定しています。

ボランティアも大歓迎です!
ボランティアご希望の方は事務局までご連絡下さい。
awc@h6.dion.ne.jp
件名を「ボランティア希望」として下さい。
[PR]
# by awcnetwork | 2012-09-19 14:40 | イベント告知

スタディツアー2012 ~アーサーパッタナーデック財団子どもの家~

今日は朝からBIG-C(タイの大型スーパーマーケット)にて買出しの後、アーサーパッタナーデック財団子どもの家へ向かいました。

子どもの家では、養蚕へ向けた第一ステップとして、すでに桑畑が出来上がっていました。
す、すばらしい・・・!
b0221426_14465478.jpg

この整地や柵などの整備はAWCかいこプロジェクトから寄付させていただきました。
ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました!

今日は子どもたちと記念植樹を行いました。
子どもたちはしっかり養蚕センターでレクチャーを受けたらしく、私たちにやさしく指導をしてくれました。
b0221426_14485164.jpg


大きな子も小さな子も協力して、頼もしい限りです。
乾季の水不足に備えてスプリンクラーが用意されていたほか、雨季の洪水対策の盛り土も完璧でした。

b0221426_14502436.jpg


もちろんここでも養蚕レクチャーが。
すでに桑の育成が始まっているので、子どもたちとしても真剣そのものです。

アーサーパッタナーデック財団の子どもたちの中には、農業専門学校に寄宿して学んでいる子も数人いるそうで、今日は会えませんでしたが、桑畑を作る際にはいろいろと協力してくれたとのこと。
将来的には責任者になってくれるかもしれないということで、期待も高まりました。

子どもたちの将来の選択肢が少しでも増えること、夢や希望が持てるように願っています。
[PR]
# by awcnetwork | 2012-09-18 18:43 | タイ駐在員

スタディツアー2012 ~養蚕農家さん見学~

今日は養蚕農家さんの見学へ出かけました。

b0221426_14311572.jpg


立派な桑畑です。
(ここは国立の養蚕センターの写真です)

蚕たちは愛情たっぷりに育てられていました。
b0221426_14325249.jpg


タイ国内での養蚕がどのようになっているのか、農家さんたちの気になる収入などいろいろと質問をし、意見交換をする事が出来ました。

私たちもとても勉強になりました。
[PR]
# by awcnetwork | 2012-08-17 18:29 | タイ駐在員